ようこそ 平郡島へ

瀬戸内の穏やかな日々が送れる島・平郡島

平郡島は、山口県柳井市南方20kmに浮かぶ、県内で2番目に大きい島です。
全国トップクラスの日照時間と海風から守るため、民家は石垣で囲まれ、透明度の高い海と相まってさながら南の島のような風情ですが、気候は穏やかで年間の寒暖差が少なく、快適にすごしていただけます。
海運が盛んであった時代は戦いの要となることも多く、「平郡」の名も、敗走の果てにこの地に隠れ住んだ、木曽義仲の遺児、 平栗丸(平群丸:へぐりまる)が由来であると伝わっています。

INDUSTORIES平郡島の主な産業

OUTLINE平郡島のあらまし

HIGHLIGHTS平郡島のみどころ

五十谷三島(五十谷海水浴場)

平郡島東端に連なる3つの島と白い砂浜、海、空が描く風景は、島内随一の絶景ポイントです。砂浜は海水浴場の設備も整っています。