平郡島

風景

INDEX
集落支援員だより2023/01/17

突然の雨、虹

昨日は天気予報は晴れだったのですが、突然雨が降り出し、外で作業していた私はびしょ濡れになってしまいました。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
そんな雨の中でしたが、外でカメラを構えている島民が数名。
そう、みなさん虹の写真を撮っていました。

こんなにはっきりと!
しかもよーく見ると二重になっています!
山より手前にあるので、距離も近く感じます!

みなさまにもこの感動を少しお裾分け。
でした!・:*+.\(( °ω° ))/.:+


平郡東集落支援員 ハンジー


集落支援員だより2023/01/10

大嶽から望む初日の出

少し遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。

元日は初日の出を拝みに、大嶽に登って来ました。
大嶽は平郡三景にも数えられる、とても大きな立岩です。
下から見上げると、その荘厳な雰囲気に圧倒され、畏怖すら感じます。

写真ですか?


・・・
はい。
撮り忘れてしまいました。_:(´ཀ`」 ∠):
機会があればまた撮りに行きますが、平郡島まで実物を見に来ていただけると嬉しいです。
ちなみに大嶽山頂へは、速い人なら30分も歩けば登ることが出来るかと思います。

この日は残念ながら日の出方向に雲がかかっており、お日様は少し登ってから顔を見せてくれました。
そして山頂からは北には周防大島、東には四国を望むことが出来ます。

日頃運動をしないので登山後は筋肉痛になってしまいましたが、この景色を味わうためなら何度でも登りたいと思いました。
超(๑˃̵ᴗ˂̵)おすすめスポットです!!


それはそうと、というか皆様興味はないと思いますが、私のペンネームが決まりました。
名前がないと味気ないかなーと思いまして。

平郡 → heigun → hungie → ハンジー
ということで、「ハンジー」です。
アナグラムというやつですね・・・。

今年も平郡島の大自然や文化など、様々な魅力を発信してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。m(._.)m


平郡東集落支援員 ハンジー


お知らせ2022/12/28

「北海道開拓に活躍した平郡島民」が紹介されています

今月号の広報やない「郷土史コラム」において、平郡島民の活躍が掲載されています。
今年、11月6日(日)、平郡西地区で「伊予の水軍が平郡西にやって来た!」と題して講演会をされた市教育委員会の松島幸夫先生が書かれたコラムです。
東地区には海童神社があり、入り口に狛犬が置かれていますが、その狛犬は、平郡島の先人の方々の活躍が今に伝えられるその証だったと、その深い歴史を知ることが出来ました。
是非、12月号広報やないをご覧ください。

海童神社の狛犬

厳島神社に加勢した功によって、江戸時代に平郡島の住民は毛利水軍の舸子(水夫役としての家臣)を勤めました。
明治時代になり、毛利に仕えていた資格により、北海道への移民が許されます。
厳寒の原野で筆舌に表しがたい苦難を乗り越えた人々が、開拓成就の証として故郷の神社に1対の狛犬を奉献しました。
(市教育委員会 松島幸夫氏)

先週末は平郡島にも雪が積もりました。
丁度この写真を撮った日だったのですが、いつもと違った表情の海童神社が撮れたと思います。
まだまだ寒い日が続きますが、皆様くれぐれもお気をつけください。

平郡東集落支援員


集落支援員だより2022/12/20

早朝の五十谷三島

五十谷三島01

先日、日の出前から五十谷三島へ行ってきました。
五十谷と書いて「いや」と読みます。
五十谷三島は平郡島東部に位置する三つの連なった島で、潮が引いているとこのように先まで歩いて渡れます。
ただ、潮見表で干潮時刻を調べて行かないと、帰る時潮水に濡れてしまうことになるのでご注意!
で、私が何をしに五十谷まで行ったかというと、実は釣りをしてきました。
…はい。また釣りです。
ボウズでしたけど…。
手ぶらで帰るのは悔しかったので、写真をたくさん撮ってきました。

この日は曇っていて日の出が撮れなかったのが残念。
ですが本当に綺麗なところですので、平郡島にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
(フェリー乗り場から歩いて行くのはちょっと遠いかもしれませんが…)


平郡東集落支援員